暖房徹底比較! 遠赤外線ヒーター VS 床暖房

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • フリーダイヤル 0120-224-468 受付時間:平日9:00〜18:00(土日・祝祭日および年末年始・お盆を除く)

床暖房で快適.com HOME  >  暖房徹底比較! 遠赤外線ヒーター VS 床暖房

遠赤外線ヒーターVS床暖房 徹底比較

補助暖房としての活躍 補助暖房としての活躍
補助暖房としての活躍
電気ストーブの一種で、遠赤外線を放射することにより、そのふく射熱で室内を暖めます。器具の速暖性は高いのですが、全体を暖める能力はやや低いかも。部分的に暖める際には確かな力を発揮するため、補助暖房として使うのがいいかも。
暖め方 床暖房の勝ち!
補助暖房なしで部屋全体がポカポカ 補助暖房なしで部屋全体がポカポカ
補助暖房なしで部屋全体がポカポカ
遠赤外線を利用したふく射熱が床面全体を暖め、壁や天井にも反射するので、室内を均一に暖めてくれます。また、エアコンなどのようにぬくもりが部屋の上部にたまったりしないので、足元が冷えるといったこともありません。床暖房のみで十分暖かいから、補助暖房が必要ありません。
床暖房の「暖め方」について詳しく見る
広い範囲を暖めるには時間がかかる
広い範囲を暖めるには時間がかかる
広い範囲をカバーするには時間が必要。部屋全体を暖める能力はやや劣るため、十分な快適性を確保したい場合は、他の暖房器具を併用する必要があるかもしれません。ただし、遠赤外線は体にあたるとすぐに暖かさを感じるため、狭い範囲ですぐに寒さを緩和させたい時に重宝します。
実際に使っているユーザーの声を見る
部屋が暖まるスピード 床暖房の勝ち!
部屋を暖めるには約1時間必要
床からのふく射熱で部屋の空気を暖めるため室温が上がってくるのに約1時間かかります。 よってタイマー設定していただくか、立ち上がり時だけエアコン等を併用することをおすすめします。
実際に使っているユーザーの声を見る
部屋を暖めるには約1時間必要
燃焼させないから空気がクリーン
燃焼させないから空気がクリーン
遠赤外線ヒーターは熱源に電気を使用。燃焼を伴わないので、空気を汚すことはありません。しかし、ストーブやファンヒーターなど石油を使用する暖房器具と併用する場合はこまめな換気が必要です。
実際に使っているユーザーの声を見る
空気キレイ度 床暖房の勝ち!
温風を出さないからチリやホコリを舞上げない
エアコンやヒーターのように温風を出さないので、床のチリやホコリを舞上げることがありません。また、室内で燃焼させるものがないので、こまめな換気の心配もありません。いつでも空気をクリーンに保つことができます。
床暖房の「空気キレイ度」について詳しく見る
実際に使っているユーザーの声を見る
温風を出さないからチリやホコリを舞上げない
電気ヒーター式は非効率
電気ヒーター式は非効率
電気ヒーター式の暖房効率はよくありません。十分な暖かさを確保するには、ヒーターやエアコンなど他の暖房器具を併用する必要があるため、さらに使うエネルギーは大きくなります。節電のことを考えると、使用時間を短くするなどの工夫が必要です。
エコ度 床暖房の勝ち!
システムの効率は高くないけど、設定温度が低めでもOK
配管や床下への放熱があるため、システム全体の効率ではロスがあります。
但し、他の暖房システムに比べて室温が低くても十分に暖かさを得られますのでその面ではエコと言えます。
システムの効率は高くないけど、設定温度が低めでもOK
直接ふれにくいから安全性は高い
直接ふれにくいから安全性は高い
電気ストーブの中でも安全性が高いといわれる遠赤外線ヒーター。発熱する面がむき出しになっていないので、直接触れてもやけどする心配が低いといえるでしょう。赤ちゃんや高齢者のいる家庭にも安心。
安全度 床暖房の勝ち!
器具が露出しないので転倒の不安もなし
器具自体が室内に露出しないので、転倒ややけどの心配がありません。また、室内で直接火を扱ったり燃焼させたりしないので、小さなお子様やお年寄り、病気の方がいるお部屋でも安心して使えます。
器具が露出しないので転倒の不安もなし
他の暖房器具と併用の場合注意
他の暖房器具と併用の場合注意
温風を吹き付けないから、乾燥などの影響はほとんどありません。ただ、暖かさを十分に確保するためにエアコンやファンヒーターなど他の暖房器具を併用する場合は、やはり乾燥に注意する必要があります。
実際に使っているユーザーの声を見る
乾燥度 床暖房の勝ち!
加湿しなくても乾燥の心配なし
風を起こさない床暖房は、お肌を乾燥させないので安心です。また、ふく射熱がお部屋を十分に暖かくしてくれるので、他の暖房器具を併用する必要がなく、加湿の配慮もいりません。
床暖房の「乾燥度」について詳しく見る
実際に使っているユーザーの声を見る
加湿しなくても乾燥の心配なし
機能によって、価格もさまざま
機能によって、価格もさまざま
遠赤外線ヒーターには、縦長のコンパクトなものやパワー調節が微調整できる多機能タイプなど、さまざまな種類があります。機能性によって価格は異なりますが、おおむね10,000円前後で導入できる、比較的手頃な暖房器具です。
初期費用 遠赤外線ヒーターの勝ち!
設備工事費などもかかる
床暖房の導入では、熱源機や温水マットなどの部材の他、専用の床仕上げ材などを購入する初期費用や工事費などもかかるため、他の暖房器具よりはコストがかかります。
床暖房の「初期費用」について詳しく見る
設備工事費などもかかる
長時間使うと割高に
長時間使うと割高に
遠赤外線ヒーターは燃料補給の手間もなく便利ではありますが、消費電力が1000Whを越えるものがほとんどなので、長時間使用していると電気代が高くつきます。機能性およびランニングコストから考えても、補助的に使うのがオススメかも。
ランニングコスト 床暖房の勝ち!
快適性に優れているがコストは高い
床下にお湯を循環するシステムのためランニングコストは高くなりますが、その分、他の暖房システムにない快適さが得られます。
床暖房の「ランニングコスト」について詳しく見る
快適性に優れているがコストは高い
耐用年数、平均6年
耐用年数、平均6年
※耐用年数に達していなくても、転倒しないように水平な床で使用するなど安全な使用を心がけましょう。
耐用年数 床暖房の勝ち!
温水パイプは30年以上
床暖房に利用する温水パイプの耐用年数は30年以上あります。
※お湯をつくり循環させる熱源機は、一般ガス器具と同程度の耐用年数となります。
温水パイプは30年以上
身体の芯から暖まり、乾燥しにくい 満足度7.7%
身体の芯から暖まり、乾燥しにくい
スイッチをいれてすぐに暖まる即暖性が支持されています。温風の吹き出しがなく、空気もきれいなので換気の必要もありませんが、面した所しか暖かくないので、部屋全体を暖めるには他の暖房器具を併用する必要があります。その際に光熱費が高くなる場合も。
(2011年6月自社調べ)
満足度 床暖房の勝ち!
満足度63.8% ふく射熱で部屋全体が均一の暖かさ
ふく射熱で部屋全体が均一の暖かさ
ふく射熱の効果で、足元はもちろん、部屋中がポカポカして暖かいのが人気の秘訣。火を使わないので、小さなお子様やお年寄りにも安心です。また、温風が吹き出さないので、乾燥しづらく、お肌の水分量を保持しやすいのも嬉しいですね。ホコリやチリが舞い上がらないので、空気はいつもクリーンなまま。総合評価が高いです。
(2011年6月自社調べ)
床暖房について詳しく見る
総合評価
遠赤外線ヒーター 遠赤外線ヒーター
補助暖房器具として活躍
手軽に使えて安全性も高いことから、ひろく人気を集める遠赤外線ヒーター。でも、広い部屋などで使用する際はパワーが十分とはいえないため、補助的な使用が向いているかも。どう使うか、何と併用するかでランニングコストも変わってくるので、トータルな視点で考えた方がいいでしょう。
床暖房 床暖房
長い目でみれば床暖房
使い心地や安全性、体へのやさしさ、耐用年数など、複数の点で魅力が高い床暖房。そうした利点が評価され、近年、床暖房の需要はますます伸びています。長い目で見れば床暖房はやはりオススメといえます。

いま選びたいのはやっぱり床暖房!

比較の結果、複数の点で魅力が高いことが分かった床暖房。そこで、床暖房で一番売れている温水式床暖房の資料をご用意しました!

床暖房 他の暖房器具とも比べて見よう!